スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法令上の制限について

宅建主任者試験、法令上の制限について。
法令上の制限というのは、法律に関わる制限事項を学ぶ分野。
少しややこしいが、例えば
造成しようとしたら宅地造成法で禁止されていることはできないし
宅地造成法に従って造成しなければいけない。


何をするにも法律に準拠しなければならず
禁止されていることはできないわけで
それらを学ぶ分野が、法令上の制限である。


法令上の制限では、出てくる法律がたくさんある。
宅地造成法、農地法、都市計画法、建築基準法など
幅広くでてくる。


内容自体とっつきにくく、苦手な人も多いだろう。
自分も一番嫌いな分野で、都市計画法の学習を
諦めかけた。


とはいえ、法令上の制限を捨てると合格は無理なので
無理してでも勉強するしかない。
建築基準法は必須なので、重点的に攻めるべし。


また、一つの法律に対して一問だけ出題という
イヤラシイパターンもある。
この辺をどう攻略していくかが合格の分かれ道になるかもしれない。
自分の経験も踏まえた説明は追々書いていこうと思う。



テーマ : 宅建
ジャンル : 学校・教育

tag : 宅建主任者試験 法令上 制限

セキュリティ機能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。